HOME | CONCEPT

EIJYO COLLEGE 2022 THEME
「新たな顧客価値の創造」

長引くコロナ禍は、多くの「当たり前」を塗り替えました。
営業という仕事も激しく変化しています。
 
顧客の課題は複雑化、多様化し
商談の作り方、関係構築の時間軸が変わり
デジタルツールの導入・活用が進んだのは言うまでもありません。
営業職の価値観、ライフスタイルも多様化しています。
 
この変革の時代に
営業はどのようにバリューアップできるのか。
顧客や社会に対してどんな価値を生み出せるのか。
 
2022年度、エイカレのテーマは「新たな顧客価値の創造」です。

スケジュール




経済産業省後援予定 | SUMMIT 2023年 2月22日 開催

1月18日 審査会終了・ファイナリストチームが決定しました!

日時

2023年 2月22日(水)
 

場所 

オンライン・YouTube配信

内容

・フォーラム部門ファイナリストチームによる発表
・特別講演
・表彰 
 

特別審査員

  • 佐藤博樹氏 中央大学大学院 戦略経営研究科教授

  • 白河桃子氏 相模女子大学大学院 特任教授
          昭和女子大学 客員教授
          東京大学大学院情報学環 客員研究員
          ジャーナリスト
          作家

  • 太田彩子氏 一般社団法人 営業部女子課の会 代表理事 兼 Founder
          株式会社ベレフェクト代表取締役

  • 浜田敬子氏 ジャーナリスト
          前BUSINESS INSIDER JAPAN 統括編集長
          AERA元編集長

  • 川村美穂氏 経済産業省経済産業政策局 経済社会政策室長

  • 今期エイカレ参加企業 各社役員 

 

2022年度テーマ
「新たな顧客価値の創造」

長引くコロナ禍は、多くの「当たり前」を塗り替えました。
営業という仕事も激しく変化しています。

顧客の課題は複雑化、多様化し商談の作り方、関係構築の時間軸が変わり
デジタルツールの導入・活用が進んだのは言うまでもありません。
営業職の価値観、ライフスタイルも多様化しています。

この変革の時代に営業はどのようにバリューアップできるのか。
顧客や社会に対してどんな価値を生み出せるのか。

2022年度、エイカレのテーマは「新たな顧客価値の創造」です。

 

審査基準

破壊と創造 :営業の当たり前について、課題を適切に把握し、破壊と創造にチャレンジしている
労働生産性 :実験開始前後/前年同月比で定量的に比較し、労働生産性が落ちていない
顧客価値  :より高い顧客価値の提供が出来たか・その可能性があるか
巻き込み力 :個人だけではなく上司や組織等のサポートが得られている
汎用性がある:組織、業界を超えて全体に広がりうる

ファイナリスト

株式会社イトーキ 明日の「働く」を、デザインする

株式会社スタッフサービス 
icon
KAERU
icon


中外製薬株式会社 チームFM

日本イーライリリー株式会社 サステナリリー
 
(五十音順)


昨年の開催の様子は、下記をご参照ください。

FORUM 2022年 9月8・9日 開催終了


エイカレ2022のキックオフです。
異業種でチームを編成し、ネットワーキングを行うと共に
エイジョが自らの意識変革に取り組み、課題を掘り下げます。
2022年9月8日・9日 開催いたしました。

当日の様子は、下記をご参照ください。

FORUM 2022  9月8・9日
フォーラムレポート前編

FORUM 2022  9月8・9日
フォーラムレポート後編


2022年度フォーラム部門  参加企業

株式会社イトーキ
協和キリン株式会社
コニカミノルタジャパン株式会社
株式会社スタッフサービス
大同生命保険株式会社
中外製薬株式会社
日本イーライリリー株式会社
日本製紙クレシア株式会社
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
パナソニック コネクト株式会社
三菱地所プロパティマネジメント株式会社

11社(敬称略、五十音順)

CONCEPT

新世代エイジョカレッジ(エイカレ)は、異業種で営業変革と女性営業職の育成を目指すプロジェクトです。

 
新世代エイジョカレッジ-ロゴ
2014年、 「営業職の女性(エイジョ)の9割が入社10年以内に現場を離れてしまう」という状況に強い課題感を持った企業 7社がエイカレをスタートさせました。


まず行ったのは、課題の背景にある「結婚、出産を経て営業を続けるのは無理」という本人および周りの思い込みとその原因にもなる長時間労働の解消です。
エイジョたちは労働時間削減と生産性向上につながる実証実験を実施。
その結果を考察し、課題解決に向けた提言を行いました。
 
その後、働き方改革に押されて多くの人の「働き方」が変わり
テクノロジーの進化によって購買行動や競争相手が変わり
「営業に求められる価値」も変わってきました。
 
「変化の激しい時代の営業はどうあるべきか」「自社の変革のきっかけを作りたい」
次の未来を作ろうとするエイジョたちは
エイカレ参加を通して素晴らしい成長を遂げ、組織にも変化の波を起こします。
 
新世代エイジョカレッジ 企画・運営:株式会社チェンジウェーブ 

プラットフォームとしての「エイカレ」 期待と効果